放射状に拡散する光線の作り方 / Radial Line | Tyto-Style

放射状に拡散する光線の作り方 / Radial Line

| 素材作成講座

Pin It

Radial lines

画面斜めから放射状に広がる光って綺麗ですよね。ここではそれを簡単に作る方法を紹介します。

Step01: 新規ファイルの作成

Step01

 新規ファイルを作成します。正方形になる方が使いやすいかも知れません。左画像は300*300pxで作成しました。まず「楕円形選択ツール」を選択し、中心から「Shift+Alt」を押しながら適当なサイズの円を作成します。

Step02: 放射線状の光を作成

Step2

パターンを選択したら、次に「円錐形グラデーション」を選択、ファイルの隅か外側に円錐の頂点が来るような形で効果を適用します。

 ここではファイルの右上からファイルの外側になる右下へと効果を適用させ、左のような効果を作成しました。

 これだけでも十分綺麗なのですが、次に色を調整して目的にあった形に効果を変化させます。

Step03: 色の調整

Step3

「Ctrl+U」で上画像の「色相・彩度」のエディタを出し、「色彩の統一」にチェック、色相や彩度、明度を調整します。ここでは少し明るい青で統一するために色相を200、彩度を85にしました。

Step04: 完成

Step4

これで完成です。レイヤーモードを「比較(明)」にして、下のレイヤーと混ぜ合わせてもいいですし、「乗算」や「スクリーン」「オーバーレイ」にして、薄めに効果を適用しても綺麗ですよね。

作るたびに色々なパターンが出来ると思うので、お気に入りの効果が得られたら、「グラデーション・エディタ」の「新規グラデーション」を選択して保存しておくと何度でも使えて便利だと思います。

Step4 - icon

今回はこんな感じのアイコンを作って見ました。

先ほど作成したファイルを角丸の形に切り抜いて縮小し、左上から右下にかけて「黒、白」のグラデーションを「オーバーレイ」で適用しています。できたものに「フィルタ→変形→シアー」を適用しても面白いですよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.